交通事故の後遺症に関する弁護士相談について

弁護士に依頼するタイミング

交通事故で後遺症が残ってしまった場合は、加害者側に損害賠償請求をすることができますが、請求するにあたっては個人ではなく弁護士に依頼することが必須でしょう。それでは弁護士に依頼するタイミングはどのような時なのでしょうか。今回は弁護士に依頼するタイミングについてみなさんにご紹介させていただきます。

弁護士特約このタイミングについて結論から言ってしまうと弁護士特約というものに入っているかどうかによって変わってきます。この弁護士特約は任意で入っている保険にオプションとして付けることができ、弁護士に依頼する際にその費用を受け持ってもらえる方法なのです。この弁護士特約があれば、少しでも早く弁護士に依頼をした方が良いです。

それではこの弁護士特約がない場合は一体どうすれば良いのでしょうか。これはその交通事故の事案によって異なります。また被害者側の後遺障害の等級が事前に認定されている場合はこちらも少しでも早く依頼した方が良いです。その理由としては、損害賠償金額の増額が見込めるということで、弁護士費用を考えたとしても、有利な立場に立てる可能性が高いからです。逆に後遺障害の等級が事前に認定されていない場合は弁護士に依頼するべきかどうかを検討した方が良いでしょう。等級が認定されていなければ、損害賠償額が不確定ですので、場合によってはマイナスになってしまうケースがあるからです。

被害者申請について

交通事故で後遺症が残ってしまった場合、弁護士に依頼をして加害者側から賠償請求ができます。そのほとんどのケースで被害者申請と呼ばれる手続きをしてくれますが、この被害者申請について今回はみなさんにご紹介させていただきます。

損害賠償まず、この損害賠償を弁護士に依頼するメリットとしては、損害賠償を申請するにあたり多くの資料収集が必要になります。弁護士であればこのように面倒な資料収集業務も引き受けてくれますので、費用にメリットがあります。なぜこの資料収集が必要なのかというと、一つ目の理由としては、後遺症の損害賠償に重要な後遺症の方の等級認定に有利な資料を作成することができるからです。具体的には主治医の意見書であったり、被害者本人の陳述書などが挙げられたりします。個人でこれを行うとするとどのような書類を作成しなければいけないのかなど、ゼロからのスタートになりますので、これだけでも弁護士に依頼するメリットは多くあるでしょう。

そして、弁護士にこのような書類収集を依頼することで適切な後遺障害診断書を作成してもらえることができるのです。この後遺障害診断書の内容などは損害請求額に大きく影響しますので、弁護士はそのようなポイントを押さえていますので、少しでも有利な損害賠償を請求するのならば、やはり弁護士に依頼することは絶対に必要だと言えるのです。

参照サイト<https://www.ko2jiko.com/pickup-koui/
└後遺障害等級認定について解説しているアディーレ法律事務所のサイトです。

 

交通事故で後遺症申請をするにあたって

交通事故はいつどんな時に被害に遭うか予測できません。また、いくら自分が注意してても思わぬところで交通事故に遭われるケースがあります。そして、交通事故に遭ってしまったら怪我など負ってしまうこともあるでしょう。怪我だけであればまだ良いですが、最悪の場合、後遺症が残ってしまうケースというのも非常に多いです。そんな後遺症が残ってしまった場合、治すことは難しいかもしれませんが、加害者側に損害賠償を請求することができるのをご存知でしょうか?今回はこの後遺症の損害賠償についてみなさんにご紹介させていただきます。

後遺症後遺症だけに関わらず、損害賠償を請求する際にはやはり弁護士の存在は必要となってきます。弁護士に依頼する中で後遺症の申請は二種類に分かれています。まず一つ目が事前認定と呼ばれるものです。事前認定とは、加害者側の保険会社が窓口となっていて被害者の後遺症の等級認定を事前に確認する方法です。この事前認定の場合はあまり弁護士が介入するケースが少ないのですが、二つ目の被害者請求と呼ばれる請求でない場合はこの事前認定も弁護士に依頼する方が良いでしょう。

そして、二つ目の被害者請求ですが、基本的に弁護士が後遺症の損害賠償を引き受ける場合、この被害者請求をもって手続きを行います。弁護士は被害者の代理人として加害者請求に必要な提出書類や時期を決定することができ、示談を行う前に保険金額を加害者側から受け取れるように対応してくれます。つまり、後遺症が残ってしまった被害者にとって有利になるようにさまざまな視点から最大限の手続きをしてくれるのです。