交通事故の後遺症に関する弁護士相談について

被害者申請について

交通事故で後遺症が残ってしまった場合、弁護士に依頼をして加害者側から賠償請求ができます。そのほとんどのケースで被害者申請と呼ばれる手続きをしてくれますが、この被害者申請について今回はみなさんにご紹介させていただきます。

損害賠償まず、この損害賠償を弁護士に依頼するメリットとしては、損害賠償を申請するにあたり多くの資料収集が必要になります。弁護士であればこのように面倒な資料収集業務も引き受けてくれますので、費用にメリットがあります。なぜこの資料収集が必要なのかというと、一つ目の理由としては、後遺症の損害賠償に重要な後遺症の方の等級認定に有利な資料を作成することができるからです。具体的には主治医の意見書であったり、被害者本人の陳述書などが挙げられたりします。個人でこれを行うとするとどのような書類を作成しなければいけないのかなど、ゼロからのスタートになりますので、これだけでも弁護士に依頼するメリットは多くあるでしょう。

そして、弁護士にこのような書類収集を依頼することで適切な後遺障害診断書を作成してもらえることができるのです。この後遺障害診断書の内容などは損害請求額に大きく影響しますので、弁護士はそのようなポイントを押さえていますので、少しでも有利な損害賠償を請求するのならば、やはり弁護士に依頼することは絶対に必要だと言えるのです。

参照サイト<https://www.ko2jiko.com/pickup-koui/
└後遺障害等級認定について解説しているアディーレ法律事務所のサイトです。

 


弁護士に依頼するタイミング
Previous post
交通事故で後遺症申請をするにあたって
Next post