弁護士に依頼するタイミング

交通事故で後遺症が残ってしまった場合は、加害者側に損害賠償請求をすることができますが、請求するにあたっては個人ではなく弁護士に依頼することが必須でしょう。それでは弁護士に依頼するタイミングはどのような時なのでしょうか。

今回は弁護士に依頼するタイミングについてみなさんにご紹介させていただきます。このタイミングについて結論から言ってしまうと弁護士特約というものに入っているかどうかによって変わってきます。この弁護士特約は任意で入っている保険にオプションとして付けることができ、弁護士に依頼する際にその費用を受け持ってもらえる方法なのです。

この弁護士特約があれば、少しでも早く弁護士に依頼をした方が良いです。それではこの弁護士特約がない場合は一体どうすれば良いのでしょうか。これはその交通事故の事案によって異なります。また被害者側の後遺障害の等級が事前に認定されている場合はこちらも少しでも早く依頼した方が良いです。

その理由としては、損害賠償金額の増額が見込めるということで、弁護士費用を考えたとしても、有利な立場に立てる可能性が高いからです。逆に後遺障害の等級が事前に認定されていない場合は弁護士に依頼するべきかどうかを検討した方が良いでしょう。

等級が認定されていなければ、損害賠償額が不確定ですので、場合によってはマイナスになってしまうケースがあるからです。

被害者申請について